新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

ニキビ跡の赤みに効く化粧水おすすめ

ニキビ跡の赤みに効く化粧水おすすめ

ニキビ跡は嫌なものですね・・・
鏡を見るたびに気になって何としても消したい!消す方法はないのかと悩むものです。

ニキビが治ったのに、ニキビ跡が残ってしまって悩んでいる方が多いようです。
頬ずりしたくなるような肌になったらどんなにうれしいことでしょう!

ニキビ跡は時間の経過とともに少しずつ消えていくものですが、炎症が続いている場合や
紫外線の影響を受けた場合などはいつまでも治らないことがあります。

肌が正常にもどらなくて、1年や2年も長い期間ニキビ跡が残り続けることもあります。
ニキビそのもの以上に厄介な症状です。

ニキビ跡ができる原因?

ニキビ跡はニキビの炎症による毛細血管からの出血や細胞が破壊された跡です。
肌の内部のダメージが外側から皮膚を通し透けて見えるのです。

一般的に人間の肌はターンオーバー(皮脂の新陳代謝)により生まれ変わっています。
皮膚の最深部にある基底層で表皮細胞が新しく作られ、約28日で角質細胞になります。

角質細胞は下からせり上がり、古い角質はどんどん外側に向かって移動して垢となって
剥がれ落ちていきます。

このサイクルがターンオーバーです。
絶えず表皮細微は入れ替わるので表皮に傷がついても1ヶ月くらいで新しい皮膚になります。

ニキビ跡ができるのはターンオーバーの乱れが原因です

ニキビ跡ができたところも、普通なら肌のターンオーバーで消えていきます。
ターンオーバーが正常に働かないで乱れるために肌のトラブルが起こります。

つまり、表皮の新陳代謝がうまくいかないで、古い角質が剥がれ落ちないために
ニキビ跡が残りやすくなってきます。

赤みが残るニキビ跡やシミが残るニキビ跡などはターンオーバーを正しく働く
肌環境に戻していくことでニキビ跡を消す効果があります。

しかし、表皮ではなく皮膚の土台の真皮まで破壊されたクレーターのニキビ跡は
ターンオーバーだけでは治せないので厄介なものです。

ニキビ跡はどうして改善すればいいのか?

ニキビが治った後にも炎症や傷、色素沈着が残ってニキビ跡になります。
ニキビ跡はニキビによって肌の深層が傷つくことにより肌の内部で炎症が起こるために
できる症状なのです。

ニキビが治ったと思っていても内部では炎症が続いていることが多いのです。
赤みが消えなかったり時間が経つと赤茶けて沈着してしまうことがあります。

毛穴に汚れや皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖し炎症を起こすことでニキビができ
その炎症が皮膚組織にダメージを与えて跡として残ってしまうのです。

ニキビ跡は作らないようにニキビケアを正しく行う必要があるのですが万が一に
残ってしまった場合は消すために特別なケアが必要です。

ニキビ跡になるとニキビよりも改善に時間がかかるので根気のいる
治療が必要になります。

自宅で自分で行える化粧水でのケア

レーザー治療などクリニックに通うような本格的な治療には抵抗を感じるのであれば
自宅で自分で行える化粧水でのケアがオススメです。

軽度であれば化粧水でも改善させることが可能です。
炎症が収まっていない初期のニキビ跡にも、沈着しかけたニキビ跡にも有効とされるのは
ビタミンC誘導体を配合した化粧水です。

ビタミンC誘導体はビタミンCを肌に吸収されやすくした成分で炎症を抑える効果があります。
抗酸化作用が高いので肌荒れ予防に効果的でニキビ予防と改善に利用できます。

ビタミンC誘導体はメラニン色素を作らせないように予防し排出を促す効果もあります。
ニキビ跡をできにくくするだけでなくて、できてしまった赤み黒ずみを改善する効果も期待できます。

肌への刺激も少なくて敏感肌の人でも毎日継続して使えます。
美白成分としても一般的な成分で多くの化粧品に使用されています。

ニキビ跡のタイプ別の対策

・赤みが残るニキビ跡

ビタミンC誘導体を利用し肌の炎症を抑え修復を進めます。
まずは炎症を鎮めることです。

肌に浸透しやすいビタミンC誘導体がオススメです。
ケアをする際にはあまり触れずに刺激を与えないようにしてください。

・沈着タイプのニキビ跡

肌を活性化させる化粧水が良いです。
加齢やストレス、不規則な生活などでターンオーバーは乱れるものです。
自覚があるならピーリング用品を利用する方法もあります。

ピーリングを行うと皮膚表面の細胞を排出させ新しい肌細胞の生成を促し
コンディションを整えることができます。

色素沈着タイプは紫外線を浴びることで濃くなり消えにくくなるので
紫外線対策も万全に行ってください。

・クレーター状のニキビ跡

回復させるためには少し長い時間がかかります。
根気よくピーリングをおこなって肌細部の生まれ変わりを促進させましょう。

肌細部は水分と油分のバランスがちょうどよい時に活発に働くので日々のケアで
しっかりと保湿を行ってください。

症状が治まりかけている時には殺菌効果の高い化粧品が有効です。

毎日の正しいスキンケアで改善を図る

ニキビは皮脂腺のあるところ全身どこにでもできます。
特に皮脂腺が多く皮脂の分泌が活発な顔にはできやすいようです。

さらに顔は常に外気にさらされている上に女性の方は日常のメイクで
油分を含むファンディーションを使っているので肌への負担が大きくなかなか治りません。

ニキビが顔にできると気になってしまうのですが汚れた手で触ったり潰したり刺激を
与えたりしないでください。

ニキビは過剰に分泌された皮脂や古い角質が剥がれ落ちないで残ったものが
毛穴を詰めてしまいアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こしているものです。

ニキビを潰すと炎症が肌の奥深くの真皮層まで及んで治ってもクレーターが残る
危険性があります。

クレーターになると元に戻すのが難しくなってしまうので刺激を与えないようにします。

化粧水でのニキビ跡の治し方

ニキビ肌専用の洗顔料を使って泡立てネットでたっぷりと泡立ててから優しく
なでるように洗ってください。

泡がクッションとなって刺激から肌を守ります。

メイクの落とし残しや皮脂汚れなどをすっきり洗い流し、押すように拭きます。
洗う時も拭く時も決して擦らないようにしてください。

ニキビ跡の肌は健康な肌とは違って敏感な肌で刺激に反応しやすいです。
洗顔後は肌を乾燥させないために化粧水ですぐに保湿してください。

コラーゲンに働きかけて肌の再生を促進してくれるビタミンC誘導体がたっぷり
配合された化粧水を選びましょう。

ビタミンC誘導体には肌のバリア機能を高め健康な肌の生まれ変わりを回復させる
効果があり、使い続けるうちに肌の新陳代謝が正常に働いてきます。

新しい皮膚が生まれてニキビ跡の沈着が改善されてきて次第になめらかな明るい
肌になってきます。

ニキビ跡の改善には長い時間がかかるものですから結果がでないといって諦めたり
頻繁に化粧水を変えたりしないで、できるだけ同じ化粧水を三か月程度は使用しましょう。

ニキビ跡に有効な成分の化粧水

ニキビ跡ケア化粧品のランキングを見ると有効成分にこだわりのあるものが目立ちます。
有効成分としてビタミンC誘導体入りの化粧水があります。

色素沈着を改善する働きが普通の化粧品よりも高くなっています。
ランキングに入る化粧品のほとんどが美白タイプのものです。

さらにはビタミンEが含まれているものはニキビ跡の改善に有効です。
ビタミンEには抗酸化作用があるからです。
血行を促進する作用があり肌の回復力を高めてくれます。

保湿成分の含まれる化粧品も高い評価があります。
ヒアルロン酸は保水力のある成分として多くの化粧品委使用されています。

ニキビ跡を消してくれる良く効く化粧水

質の高い化粧水・美容液です!

最大のポイントは保湿機能に優れていることです!

皮膚の細胞を活性化させ再生機能を促す必要があるからです。
皮膚に適度な潤いを与え細胞を活性化させることで、より短期間で
ニキビ跡の治癒が実現します。

できるだけ低刺激なもので肌をいたわる

ニキビが治りかけている肌はとてもデリケートです。
化粧水や美容液はできるだけ低刺激のものを選び肌をいたわりましょう。

合成香料や着色料、鉱物油、パラベン、アルコールなど不使用のものが良いです。

メラニン除去にはピーリングタイプ

色素沈着のニキビ跡にはピーリングタイプの化粧水がオススメです。
古い角質を取り除き美しい肌の再生を促します。

自分の肌質やコンディションに応じて慎重に用いてください。
AHA(グリコール酸)、BHA系(サリチル酸)、イオウなどの有効成分があります。

ピーリングを正しく安全に行うには自宅ではなくクリニックで行うことも検討しましょう。

ニキビ跡を治して消すには数か月~1年以上のケアが必要になることも珍しくありません。
洗顔を基本にし、新しいニキビの発生を予防し、保湿によってターンオーバーを促し、
症状がひどい部分はピーリングで古い角質を取り除くことです。

ニキビ跡を改善する美容液

カギとなるのは肌の再生力を高めることです。
ニキビ跡に有効な成分が豊富に配合されているものを選びましょう!

ビタミンC誘導体やD-パントテニルアルコール、アラントインなどが配合された美容液が良いです。
オイルやアルコールが含まれていないものを選んでください。

美容液にはニキビ跡に有効な成分が濃縮されて配合されていますので継続的に使用するなら
ターンオーバーが正常化されてニキビ跡は目立たなくなってきます。

すぐに結果が出ないとしてもあきらめないで根気よくスキンケアを続けてください。

化粧水と美容液の違い

化粧水は、洗顔で失われた水分を補って乾燥を防ぐ大切な役目を果たします。
肌を潤すことでこわばった肌をしなやかにするんが化粧水です。

美容液は化粧水をギューッと濃くしたもので、肌に良い成分が凝縮されているものです。
一般的に美容液は値段が高めですが、少量でも伸びが良いので長く使えます。

ニキビ跡に効く化粧水・美容液 おすすめ

ニキビ跡ケア専用の化粧水・美容液でキレイな肌を手に入れましょう。
ニキビ跡が消えなくて困っている方に、良く効く安全で安心の化粧水をご紹介します!

1 Reproskin(リプロスキン)

ニキビ跡のケア専門の化粧水です!
肌を暖めて浸透力を上げるという新感覚の導入型柔軟化粧水です!

ニキビが治った後の赤みリンゴ肌やブツブツいちご肌、ボコッとミカン肌などを
ケアしモチモチとした、おもちのような肌を実感できます。

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)

公式サイト新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!



男性用のリプロスキンが新発売男性必見!ニキビ跡対策に



コメントを残す

サブコンテンツ

3Dタグクラウド(ブログ内の記事一覧)項目別に探せます

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水【Reproskin(リプロスキン)】

PR

このページの先頭へ