新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

ニキビ跡 赤み 治療

ニキビ跡 赤み 治療

ニキビ跡の赤みを治療したい方は多いと思います。
ニキビ跡の赤みは、なかなか治らないので困りますね。

ニキビ跡は肌の内部の深いところが傷ついています。
といっても心配しなくて大丈夫です。

人間の自然治癒力というものがあって、肌の内部の傷も自分の力で
治してしまいます。

ただ、ニキビ跡ができてしまうと早く治したい気持ちで、あれこれと使って
肌にダメージを与えてしまうことがあります。

気持ちは分かりますがニキビ跡が悪化することも多いのです。
あまりにもひどくなってしまうと皮膚科での治療が必要になることもあります。

ニキビが赤くなる原因

ニキビ跡が赤くなるのは肌の内部に傷ができているためです。
傷を治そうとして患部に毛細血管が集中的に増えるために赤くなって見えます。

肌の内部の見えないところで傷口を治そうとして頑張っているわけなのです。
血管が傷を受けると血液が周辺の組織に流れ出すことがあります。

この時に血液中のヘモグロビンが酸素を失うと変色して紫から赤黒い色の
色素沈着を引き起こします。
これが赤紫のシミのようなニキビ跡になります。

肌の表面にあるニキビが悪化していき肌の内部まで傷ついたニキビ跡ができます。
肌の内部の傷に直接治療してニキビ跡を改善する必要があります。

ニキビ跡の赤み!皮膚科でできる治療

保険適用内でできる治療

面ぽう圧出という治療で、面ぽう圧子という専用器具で毛穴に詰まった
皮脂を取り除く方法です。

初期の段階の白ニキビや黄ニキビの時に使用します。
ニキビ跡の赤みには関係ないですが、黄ニキビを自分で潰してしまうと
ニキビ跡の原因になります。

他には薬での処方がありますが、毛穴の詰まりや肌の角質をとり肌の
ターンオーバーを活性化するものやニキビ菌をやっつけるものです。

ニキビを治す決定打とはいかなくてもニキビを増やさない、肌の再生を助けるという
効果はありますので気長に治すための治療としてはいいかもしれません。

・外用薬

ベピオゲル、ディフェリンゲル、アクアチムクリーム、ダラシンTゲルなど

・内服薬

ミノマイシン錠

ニキビ跡の赤みに効くディフェリンゲル

ディフェリンゲルは肌の角質を剥離するピーリング効果があります。
初期の白ニキビや黒ニキビ、これから出来るニキビの悪化を防ぎ、
赤ニキビ、黄ニキビなどには抗菌剤や抗炎症剤を併用すれば効果があります。

・薬の治療には保湿が必要です。

薬によって肌が乾燥しやすくなるので化粧水などで保湿することです。
ディフェリンゲルなどは肌の皮がボロボロにむけたりすることもあるので
併用可能な化粧水を使ってください。

保険適用外の治療

断然効果があるのが保険適用外の治療法です。
ケミカルピーリング、レーザー治療、レーザーピーリング、フォトフェイシャル、
イオン導入、FGF治療、皮膚移植などの治療があります。

ニキビ跡の治療で効果があって人気があるのはレーザー治療ですが、
痛みを伴うことと費用がかかることです。

フォトフェイシャルなどは痛みがないのですが回数が必要で時間がかかります。
それぞれに特徴があるのでクリニックで相談し自分に一番合う方法を選びましょう。

ニキビ跡専用の化粧品

皮膚科での治療もありますが、そこまで複雑なニキビ跡でないなら
化粧品で治してしまうことができます。

自分の肌の治癒力を信じ薬には頼らない方法です。
ただし時間がかかるので根気が必要になってきます。

ニキビ跡に使用できるファンディーションは最近のものは機能がよくなっているので
肌が気になる場合には使ってみるのもいいでしょう。

結論

自分の肌をどうしたいのか?よく考えましょう!
ニキビ跡が残ってもいいから赤みを消したいのか?
スベスベのキレイな肌にしたいのか?

自分の思うようなベストの肌を目指して、治療やケアを行っていきましょう!
肌がキレイになると人生が変わるかもしれません!

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水 Reproskin(リプロスキン)
公式サイト新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!



コメントを残す

サブコンテンツ

3Dタグクラウド(ブログ内の記事一覧)項目別に探せます

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水【Reproskin(リプロスキン)】

このページの先頭へ