新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

ニキビ跡の赤みを消す薬

ニキビ跡の赤みを消す薬

ニキビ跡に塗る薬を探しておられるでしょうか?
ニキビ跡の種類にあった薬で治してください!

ニキビ跡にもいろいろ種類があってニキビ時の刺激の大きさで
種類が分かれます。

ニキビ跡の種類によっては薬だけで治せることもありますが
病院での治療をしないと元に戻せないものもあります。

ニキビ跡に塗る薬とニキビ跡ごとの特徴や原因を知っておきましょう!

1、薬で治せるニキビ跡は限られます

ニキビ跡は5種類のタイプに分けることができます。
薬で治せるのは赤いニキビ跡と茶色になるニキビ跡です。

基本になるのはニキビ時の刺激です。

刺激が小さいのは赤いニキビ跡と茶色のニキビ跡です。
刺激が大きいのはクレーターのようになるニキビ跡、しこりタイプのもの、
ミミズ腫れになるニキビ跡です。

刺激が大きいものを元に戻すのは困難なのでクリニックの専門的な治療が
必要になってくることもありますので皮膚科などで見てもらってください。

市販薬を買ってきて治す場合には自己判断で選んでしまうと副作用や
ニキビを悪化させることもあるものです。

初めて薬を使う場合には素人判断ではなく病院で診察を受けて医師に処方される
薬から始めるのが良いでしょう。

病院に行けば専門医に相談できますし保険が適用になる場合もあって魅力的です。

2、ニキビ跡治療で処方される薬

ニキビ跡治療で処方される薬は5種類あります。

抗生物質

ニキビ菌の増殖を抑えたり菌自体を殺菌してくれます。
初期段階の赤いニキビ跡に効果が期待できます。

赤い初期のニキビ跡は肌が弱っている状態にあります。
少しの刺激や菌の付着でニキビが再発しやすいので抗生物質で
菌を増やさないようにすることです。

抗生物質は、めまいなどの副作用が出る方もあるので医師と相談して
使用しましょう。
妊娠していたりアレルギーを持っている方は必ず相談してください。

ニキビの腫れを抑える薬

ニキビ跡の腫れを和らげる薬です。
赤いニキビ跡に効果的です。
あくまでも和らげたり抑えることが目的の薬です。

局所用抗ニキビ製剤

角質を除去するのに用いられる薬です。
ピーリングに似た役割があって茶色のニキビ跡に期待できます。

ピーリングと同じく初めての使用や肌が弱い方は専門医に診察して
もらい指示を受けてください。

美白剤(ハイドロキノン)

メラニン色素を脱色し皮膚を漂白してニキビ跡を薄くしていきます。
茶色になるニキビ跡のシミに効果的です。

美白剤は濃度により肌への刺激が変化しますので医師の処方通りに
使用してください。

ビタミン剤

ビタミンB6やビタミンCなどは皮膚の回復を早めてくれます。
赤いニキビ跡や茶色のニキビ跡などには健やかな肌のために必要です。

3、ニキビ跡の特徴と原因

ニキビ跡は大きく分けて5種類のタイプがあります。
タイプにより対処方法も異なりますので目安として確認してください。

赤いニキビ跡

ニキビの腫れや盛り上がりは落ち着いていて赤や反転のあるものです。
何もしなければ痛みがないものです。

ニキビで肌がダメージを受けて内部で血がにじみ出てしまうことが原因です。
転んだ時にできるあざのようなものです。

茶色のニキビ跡

赤や紫色のニキビ跡が時間がたって茶色の斑点に変わることがあります。
触っても痛くはないものですが老化現象の1つでシミとも呼ばれます。

紫赤色のニキビ跡の時に紫外線を多く浴びたりしてメラニン色素が
沈着するのが原因です。

メラニン色素は紫外線などの外からの刺激から肌を守る役目がありますが
弱った皮膚を守るために大量の色素が発生して肌の内部に残ってシミになります。

クレーターのニキビ跡

ニキビ跡が凸凹になる状態のもので触っても痛くはありません。

ニキビ跡になる前のニキビの段階で肌への刺激が大きい場合が原因です。
ニキビによるダメージで肌の内部のコラーゲンが破壊されてくぼみができます。

肌の内部にあるコラーゲンが減ってしまってスカスカになりクレーターのように
くぼんでしまいます。

目立たなくすることはできてももとに戻すのは難しくなります。

しこりタイプのニキビ跡

ニキビがあった部分が盛り上がって、しこりのようになった状態です。
触っても痛くはありませんがコリコリする感覚です。

ニキビ跡になる前のダメージが大きいことが原因です。
ニキビの状態が進行して肌の内部で膿が発生し、肌の深いところまで
進んでしまうために起こります。

肌を修復するために新しい皮膚が大量にできて余った部分がしこりのように
固まってしまうのです。

ミミズ腫れのニキビ跡

ニキビがあった部分が赤く腫れて皮膚が盛り上がった状態です。
火傷跡のようになり毛穴も見えなくなり痛みや痒みが生じるものです。

肌の同じ場所で何度もニキビができたり化膿を繰り返すことが原因です。
基本的にはしこりタイプと同じで皮膚を修復するための新しい皮膚が余って
皮膚が盛り上がっています。

4、ニキビ跡にならないためにはニキビを作らせない

ニキビ跡対策のポイントはニキビ自体を作らせないことです!
原因を根本から解決することが大切になります。

ニキビ跡ができてしまうと治すのに時間が掛かってしまったり完全に元に戻す
ことができなかったり後悔に繋がるものです。

大切なニキビ対策の基本は食事をはじめとする内側からのケア(生活習慣)なのです。
ニキビ自体を作らせない生活を心がけてください!

結論

ニキビ跡には5種類あって薬で治せるのは赤いニキビ跡と茶色のニキビ跡です。
残りのタイプは病院での専門的な治療がオススメです。

場合によっては病院でも元には戻せないこともあります。
ニキビやニキビ跡は早めの対策に心がけましょう!

オススメ商品

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水
Reproskin(リプロスキン)

凸凹、黒ずみ、赤らみ、ニキビ痕をスベスベお肌に導きます!!

公式サイト新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!



コメントを残す

サブコンテンツ

3Dタグクラウド(ブログ内の記事一覧)項目別に探せます

ニキビ痕専用!導入型柔軟化粧水【Reproskin(リプロスキン)】

PR

このページの先頭へ